旅の概要 Itinerary
【訪問時期 Visited Date】2017/10/19
【訪問場所 Visited Site】中国安徽(あんき)省黄山市黄山風景区 Huangshan qu, Huangshan shi, Anhui Sheng, China
※文中の料金等は2017年10月現在のものです

 

所在地と位置関係 Location Map

<黄山市から黄山風景区南門チケットセンターまで>

画像をクリックしたら百度(Baidu)地図にジャンプします

中国 黄山 マップ 百度地図 China Huangshan Map

黄山市から黄山風景区南門チケットセンターまで By 百度(Baidu)地図

 

<黄山風景区位置関係>

▼画像をクリックしたら百度(Baidu)地図にジャンプします

中国 黄山 マップ 百度地図 China Huangshan Map

黄山風景区位置関係 By 百度(Baidu)地図

 

<本編のルート>

▼画像をクリックしたら百度(Baidu)地図にジャンプします

中国 黄山 マップ 百度地図 China Huangshan Map

鰲魚洞~西海大峡谷を周るルート By 百度(Baidu)地図

光明頂から西海大峡谷まで

百歩雲梯を経てしばらくすると

鰲魚洞(Áo yú dòng・ゴウギョドウ)に到着

「鰲魚」とは日本語では「オオガメ」と読むそうで

本来は海に棲む大亀のことを指すものの
ここでは龍頭魚身に変化した伝説の魚を指すようです

中国 黄山風景区 China Huangshan

亀岩の「鳌鱼洞」に到着

人ひとり通れるかってほど狭く
頭もぶつけるほど天井低く

何だここ(イラッ)と思っていると
ちょっと広い階段に出る

中国 黄山風景区 China Huangshan

「鳌鱼峰」内の薄暗い階段

鳌鱼洞を抜け
鳌鱼峰に出ました

かなり巨大で
何とも不可思議な岩です
これがオオガメに似ているってことでしょうか
亀というかガメラというか、
どっちかっていうと巨大なアマガエルに見える

中国 黄山風景区 China Huangshan

亀!?

その岸壁に
「大块文章」という刻印があります

これは「黄山摩崖石刻」と言われ
幅70cm程度、1937年の落款があり

「大块」は大自然を示し
「文章」は色彩豊かな色を指し

とにかくここからの景色がたいそう美しく
その気持ちをつい彫っちゃったみたいです

中国 黄山風景区 China Huangshan

「大块文章」の刻印

鳌鱼峰の展望台に上がって見たものの

何この状態・霧・無・霧

中国 黄山風景区 China Huangshan

鳌鱼峰展望台より、何も見えない

頂が天上界へと続く

中国 黄山風景区 China Huangshan

鳌鱼峰展望台の様子

雨は止みましたが
気温が急激に冷え
より霧が濃くなりました

周囲数mが見えるぐらいです

中国 黄山風景区 China Huangshan

とにかくガスが凄い

道の途中ですれ違う荷物運びの人夫

この起伏のある勾配の山道を
天秤棒に大量の荷物をぶらさげて肩で運ぶ

おそらくこれらの荷物は
黄山内に宿泊している観光客の荷物だと思う

余計な荷物を持ち歩きたく人が
次の目的地まで運んでおいてもらうのだろう

体力勝負のつらい仕事だ

中国 黄山風景区 China Huangshan

荷物運びのお兄さん

カゴ屋の料金表があった

距離に応じて値段が異なるらしい

この「里」の単位がよく分からないけど
おそらく数百mの距離なら100元
5~600mで180元ぐらいなのかと
起伏の難易度にも応じるのかもしれない

どうしても足が疲れて動けないという人は
2,000円弱から3,000円程度なので
利用してもいいかも

でも利用している人、見かけなかったけど

中国 黄山風景区 China Huangshan

人運びのカゴ屋の料金表

海心亭という休憩ポイントに出た
でもトイレがない

中国 黄山風景区 China Huangshan

東屋の「海心亭」

「黄山白雲賓館」という宿泊エリアに到着

ここは北方面と西方面へ分岐点
飲食店が充実している
1600m以上の山の上とは思えない

ただまぁ、お値段は下界よりやっぱり高め

中国 黄山風景区 China Huangshan

ホテル「黄山白雲賓館」に到着

西海大峡谷へは
ここからケーブルカーも通っていて便利
結構多くの人が利用していたけど
わたしはあえて山道を選ぶ

中国 黄山風景区 China Huangshan

ケーブルカーも利用できます

光明頂方面へ進むと
北海景区エリアに到着

ここは黄山三大主峰の一つ
「光明頂」がある付近だったはず

でも何も見えないし人が多すぎて座れない

とりあえず先を急ぐ
「飛来石」まで約700m

中国 黄山風景区 China Huangshan

とりあえず飛来石へ

霞の向こうに何やらぼんやり怪しげに
何かが写ってますが
気象観測所だったと思います

サッカーボールみたいな模様の
美しい球体の建物だと聞いてましたが
見る影もなく

中国 黄山風景区 China Huangshan

本来は気象観測所が見える

ガレキみたいな何の変哲もない岩にも
愛を誓う錠前の鍵が

意味わからない

中国 黄山風景区 China Huangshan

サビサビの愛の錠前

この原始的な運び方
この現代においてどうにかならないのだろうか

中国 黄山風景区 China Huangshan

人足の荷物

光明頂から来たから、
次は群峰頂へ

中国 黄山風景区 China Huangshan

次は群峰頂へ

やっぱりほとんど見えない・・・

中国 黄山風景区 China Huangshan

一応「群峰頂」

仕方ないのでとっとと飛来石へ向かう

すると目の前に巨大な荷物をえっちら運ぶ人夫と
身軽で裕福そうな都会のおばはんたち

農村と都会戸籍の格差社会を見た気がした

中国 黄山風景区 China Huangshan

格差社会の縮図

飛来石展望台に到着

これままたとんでもないところに
岩が突き刺さってますね

中国 黄山風景区 China Huangshan

あれが「飛来石」

高さ12m、重さ600tの巨石

伝説では孫悟空が放り投げた岩が突き刺さったとか
実に絶妙なバランスで立っています

中国 黄山風景区 China Huangshan

とんでもなくデカい飛来石

そしてここでも霧が一向に晴れてくれない

中国 黄山風景区 China Huangshan

霧が凄い

飛来石にとりあえず向かってみる

中国 黄山風景区 China Huangshan

飛来石の入口

何この細い階段
大人一人通るのがやっとの極細

手すりもないし
結構怖い

中国 黄山風景区 China Huangshan

飛来石への超細い階段

岩壁に何やら書画が刻まれております

そして上の岩と下の岩に実はうっすら隙間があって
西日が差して岩を照らすと
岩の影の間にその穴の部分だけが影にならず
虹のように見えるだとか何とか

とりあえず狭すぎて落ち着かないエリアだったので早々に退散

中国 黄山風景区 China Huangshan

何やら文字が刻まれてます

飛来石の前にある広場
どこにも座れない、人多すぎ

しかし松がすごい

中国 黄山風景区 China Huangshan

座れるところがない

行知亭

とりあえずスルー

中国 黄山風景区 China Huangshan

東屋の「行知亭」

排雲楼という分岐点にさしかかった
ここも排雲楼賓館という宿泊施設エリアで
飲食店も少し並んでいる

公衆トイレがあるのでありがたい

そして
団体ツアーにとっては
ガイドが雄弁に物を語るエリアのようで
大勢の団体客が一角を埋める

道ふさがれてトイレに行きにくい

中国 黄山風景区 China Huangshan

排雲楼の広場

何となく、
丹霞峰という場所に登ってみることに

しかしこの天気で誰もが行く気が失せるのか、
登れど登れど誰とも会わず・・・ドキドキ

30分ほど登り切った先に先約が一人いた

さらに人間が来るなんてと油断した山リスとも目が合った

中国 黄山風景区 China Huangshan

霞む「丹霞峰」

丹霞峰頂に到着

ようやくベンチが空いていたので
ここで軽くランチ

持ってきたバナナの甘い匂いに誘われて
スズメバチ寄ってきてあたふた

中国 黄山風景区 China Huangshan

丹霞峰でようやくランチタイム

白い雲のところから崖下

頂からここまで結構な傾斜になっていて
もしバランス崩すともれなく奈落の底

しかし、
この雲が晴れたら相当見事な絶景が見えるハズですが・・・
惜しまれる

中国 黄山風景区 China Huangshan

霧が晴れて欲しい

とりあえず丹霞峰から引き返すと
太平丹霞駅という建物が見えた

ここもロープウェー駅でどこかにつながっているよう
しかし人気がないのかお客さんは少なめ

とりあえずここはスルーして
「西海大峡谷」を目指す

中国 黄山風景区 China Huangshan

丹霞ロープウェーの太平丹霞駅

うっすらと、霧が晴れた!

中国 黄山風景区 China Huangshan

うっすらと霧が晴れた!

歩道脇に生える名もなき松でも
そうとう立派で見事な枝ぶり

中国 黄山風景区 China Huangshan

名もなき松もすごく立派

丹霞ロープウェー駅から約500mぐらいで
西海大峡谷の北入口に到着

え?2.5㎞も先??

中国 黄山風景区 China Huangshan

西海大峡谷まで2.5km!?

横を見ると、
とんでもない岩場の道が・・・
転がり落ちそう

中国 黄山風景区 China Huangshan

おそろしく急な階段

関取級に太った人では通れないかもしれないほど
恐ろしく狭い

よくこんなところに階段を作ったな

中国 黄山風景区 China Huangshan

中国の観光地はこんな階段ばっかり

一つ目の階段を抜けた先にあった展望台にて

少しだけまた霧が晴れた

中国 黄山風景区 China Huangshan

一瞬、うっすら霧が晴れた

さらに下まで階段は続く

この勾配・・・本当におそろしい・・・

中国 黄山風景区 China Huangshan

階段はまだまだ続く

2つ目の階段を抜けた先にある展望台より

さっきよりだいぶ霧が晴れた!

しかしほんの数秒で再び濃霧のベールに包まれました(泣)

さすがに西海大峡谷まで行くのは断念
今来た道を引き返して
次の目的地、東の雲谷寺エリアにある
「獅子峰」を目指します

中国 黄山風景区 China Huangshan

すこーし晴れた!

すると途中に合った展望台で
再び霧が晴れはじめました

皆一斉に写真撮りはじめます

中国 黄山風景区 China Huangshan

皆一斉にシャッターき切り始めました

す、水墨山水画の世界!!

中国 黄山風景区 China Huangshan

まさに水墨画の世界!

こうした展望台では
水墨画のような風景になるタイミングを狙って
朝からカメラ小僧たちが三脚立てて陣取ってます

みんないいカメラ持ってますね
(たいていキャノンかニコン)

中国 黄山風景区 China Huangshan

こんなところものカメラ小僧がいる

手前が晴れてきた!

中国 黄山風景区 China Huangshan

西海大峡谷

息を呑む絶景になってきました!

ここもまた数十秒後に再び濃霧に包まれました
自然は出し惜しみするなー

中国 黄山風景区 China Huangshan

手前側が晴れてきた

さっきまで右上の展望台にいました
結構な断崖です

中国 黄山風景区 China Huangshan

さきほどまでいた展望台

排雲亭に到着

おっさんたち、お疲れですなぁ

中国 黄山風景区 China Huangshan

東屋の「排雲亭」に到着

排雲楼賓館(ホテル)エリアに到着

ここから北海景区を経て
雲谷寺エリアの名峰たちをめぐります

中国 黄山風景区 China Huangshan

ホテル「排雲楼賓館」

続く

<関連記事>

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事