旅の概要 Itinerary
【訪問時期 Visited Date】2018/10/18~10/19
【訪問場所 Visited Site】稲城亜丁風景区 Daocheng Yading scenic area, Eastern Tibet, Sichuan, China
※文中の料金等は2018年10月現在のものです

 

稲城亜丁で頻出する主な用語の中国語読みアドバイス
稻城亚丁 ダオチュン・ヤーディン Daocheng Yading / 香格里拉鎮 シャングリラヂン Xiang ge li la zhen / 亚丁村 ヤーディンツン Yading cun / 仙乃日 シャンナイリー Xian nai ri /央邁勇 ヤンマイヨン Yang mai yong / 夏諾多吉 シャヌォドーヂー Xia nuo duoji / 冲古寺 チョングース Chongu gu si / 卓瑪拉措 ヅォオマラ Zhuo ma la cuo / 牛奶海 ニウナイハイ Niu Nai Hai / 五色海 ウースハイ Wu se hai

稲城亜丁の位置関係 Location Map

 

稲城亜丁トレッキング1日目の行程
亜丁遊客中心(ビジターセンター・チケット売り場)⇒(バス移動)⇒亜丁総合服務站(総合案内所)→(徒歩)→冲古寺→(徒歩)→卓瑪拉措(ヅォオマラ湖)
※青太字部分が本ページで紹介する行程
  • 紫色のルート専用シャトルバスでの移動
  • 青色のルート散策ルート(徒歩あるいはカート移動)

クリックしたら百度地図に飛びます

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading 百度地図 Baido Map

稲城亜丁風景区の地図 by 百度地図

※中国旅行では、百度地図を見た方が一番確実です(アプリのMaps.meも結構優秀)

トレッキング1日目:仙乃日を見ながら卓瑪拉措(ヅォオマラ湖 )へ

仙乃日(シャンナイリー)がグングン近づいてきた!
黄葉と清流のコントラストが美しい。。。

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

仙乃日(シャンナイリー)が見えてきた!

さらに登りますが
一歩一歩がだいぶしんどくなってきました

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

標高6,032mの氷河峰!

みんな息が切れているのに
写真のときだけ全力で楽しむ!

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

とっても楽しそう

砂州が現れました

しかし、ここ標高4000mなのに
森林限界って何mなの?

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

広い砂州が現れた

ここにもカターがグルグル巻きにされた石積みが

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

仙乃日(シャンナイリー)が近づいてきた!

まさに神の山!
チベット仏教では観音菩薩の化身だそうです

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

仙乃日(シャンナイリー)が神々しい

おびただしいタルチョ登場

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

タルチョが巻かれた櫓登場

さすがに標高4000mともなると風がかなり強い

はためくタルチョが雪峰に映える

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

はためくタルチョが絵になる

タルチョのやぐらだった

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

タルチョの櫓

ようやく本日のゴール・珍珠海
チベット語で別名、卓瑪拉措(ヅォオマラ湖 )に到着!

翡翠色をした美しい湖です

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

卓瑪拉措(ヅォオマラ湖 )到着

白峰・仙乃日をバックに黄葉と翡翠色が映える

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

仙乃日の白と黄葉と翡翠色のコントラストが美しい

ちなみにここは遊歩道から外れた立入禁止区域

でも「ダイジョブダイジョブ平気!」と柵越えを促され

次から次に他の観光客も柵を乗り越え熱心にセルフィー

中国において「立入禁止」の看板は無きに等しい

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

みんな写真撮影を満喫

グルグル巻の石積み登場

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

池の中におびただしいカターを巻かれた石積み

卓瑪拉措(ヅォオマラ湖 )の案内板によると

卓瑪拉措は、度母魂湖(Drolma Lake)という意味で
またの名を「珍珠海(Pearl lake)」と呼び
神の山・仙乃日の前にたたずむ母なる魂を宿し内なるパワーを秘めた翡翠色の湖なのだそうだ(たぶん)

標高は4100m、面積は1ヘクタールほどあるらしい

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

卓瑪拉措(ヅォオマラ湖 )の案内板

ベストポジションでみなさん仲良く記念撮影
とにかく写真大好きね

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

みんなで仲良く撮影

バスクリン入れたみたいな緑の色だけど
倒木が腐らずに沈んでいる様子がよく見える

見た目に比して透明度はかなり高い

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

バスクリン入れたみたいな色の卓瑪拉措

池をグルッと囲むように遊歩道がさらに伸び
また仙乃日の正面に出た

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

遊歩道は続く

みんなだいぶもうヘトヘト

朝出発してからすでに5時間半が経っている

休み休みゆっくり進む

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

みんなだいぶ疲れてきた

どこまでも続く長い長~い遊歩道

これを整備できるのは、さすが中国

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

どこまでも遊歩道が続く

ここにきて仙乃日の展望台に到着

案内板によると、

仙乃日はチベット仏教では「観世音菩薩」に例えられ
東チベットにそびえる仏教聖地の三山(仙乃日、央邁勇(ヤンマイヨン)、夏諾多吉(シャヌォドーヂー))の中でも最高峰を誇る標高6,036mで

山頂は古代氷河に厚く覆われ
峰は10度ほど北に傾いていて、
西に面して吉祥星といわれる北斗七星が輝く

と書いてありました

ちなみに央邁勇(ヤンマイヨン)は文殊菩薩、夏諾多吉(シャヌォドーヂー)は金剛手菩薩の化身で
これらの山を3回参詣すると一生の願いが叶うと信じられているそうです

一生の願いが叶うなら参詣したい、かな?

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

仙乃日の説明

さらに進むと赤と黄色が混じった美しい湿原が現れました

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

美しい湿原が現れた

何度見ても絵になる光景

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

何度見ても美しい。。。

語彙力がないですが
ほんとにキレイなんです

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

紅葉と仙乃日のコントラストが美しすぎる

稲城亜丁の紅葉の赤は
モミジではなく、南天みたいな、見たこと無い植物でした

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

紅葉と仙乃日のコントラストが美しすぎる

写真を撮りたかった
それで立入禁止の柵越えが許される
それが中国

遊歩道の意味ある?

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

皆、お構いなしに遊歩道から外れる

賽の河原みたいなのがあった

小石を積んで願いを込めるのだろうか

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

賽の河原みたい

石文字で愛が描かれている
こういうところは万国共通だね

でも、たぶん「潘(パン)」は人の名前

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

ハートマークの石文字

いやもう美しすぎて言葉に出ない湿原

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

湿原が美しすぎる

純白の氷河峰に映える

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

湿原が美しすぎる

長い長~い遊歩道はまだまだ続くよ

でも下りなのでまだラク

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

長い遊歩道がまだまだ続く

おそらく雪解け水であろう清流が美しい

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

澄みきった水の清流

クライマックスで美しい黄金の湿原が現れました
いやもう、ホント、筆舌に尽くしがたい美しさ

息はあがって上りはしんどかったけれど
だんだん高度順応してきて最終的にはダイジョウブでした

みんなはかなりへたばっていましたが

第1日目は往復約4km、所要6時間の行程でした

中国 稲城亜丁 Daocheng Yading

黄金の湿原が登場!

こうして第1日目は無事終了

*****

第一日目を終えての教訓は、
とにかく稲城亜丁を訪れる際には

・高山病対策
・防寒対策(10月の陽気で気温2~5度)

はガチで準備すること
なめてかかるとほんとに痛い目見ます

バスの場合、稲城に着く前に
必ず1泊立ち寄らなければならない康定(ガンジン)という町で
比較的リーズナブルに薬も防寒具も揃えられます

せっかくここまで来たのだから
健康的に東チベット・稲城亜丁を楽しみましょう

というわけで、第2日目につづきます

All Photos by Mayumi ※無断転載禁止

 

<関連記事>

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事