トラベルjp banner

(公開日2017/5/22)

【旧記事】フィリピンの秘境がここにも!奇跡のような魔法の川「エンチャンテッド・リバー」

【旧記事】フィリピンの秘境がここにも!奇跡のような魔法の川「エンチャンテッド・リバー」

 

7,000以上もの島で構成されるフィリピン。

近年はセブ島やエルニド、ボホール島などが注目されがちですが、まだまだ手つかずの自然を残した島があちこちに存在します。

今回は、一般のガイドブックにはなかなか紹介されないフィリピンの秘境、ミンダナオ島にある「魔法の川=エンチャンテッド・リバー」をご紹介します。

※本記事はトラベルjpにて2017/5/22に公開された旧作記事です

 

「エンチャンテッド・リバー」のあるミンダナオ島とは

【旧記事】フィリピンの秘境がここにも!奇跡のような魔法の川「エンチャンテッド・リバー」

フィリピン・ミンダナオ島南スリガオ州にある小さな村・ヒナトゥアン

 

ミンダナオ島と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?

「怖い」?「物騒」? 確かに、かつてはフィリピンのイスラム過激派や反政府ゲリラの活動拠点として恐れられ、深刻な治安悪化が問題視されていました。

しかし、2016年にフィリピンの新大統領として就任したドゥテルテ氏がミンダナオ島の前ダバオ市長だった頃、徹底した犯罪撲滅と治安強化に乗り出し、現在島の東側は治安的に安定し、マニラ、セブ島に次ぐ第三の行政都市にまで発展しました。

とはいえ、西側はまだゲリラが潜伏する危険地帯となっており、地元民ですら近づきたがりません。今回ご紹介する「エンチャンテッド・リバー」は東側にあるスリガオ州沿岸部ですのでご安心ください。

 

まさに魔法の川!「エンチャンテッド・リバー」とは

【旧記事】フィリピンの秘境がここにも!奇跡のような魔法の川「エンチャンテッド・リバー」

ふしぎな青い川、エンチャンテッド・リバー

南スリガオ州ヒナトゥアン村郊外のジャングルの奥地、その奥地に潜んでいるのが「エンチャンテッド・リバー」。

文字通り、「エンチャンテッド(Enchanted)」=「魔法のような」ふしぎな川なのですが、通常は画像のような状態です。これはこれできれいではありますが、川の色はくすんで、お世辞にも「魔法のような」とは言えない川ですよね。

ここでガッカリしないでください。
これが、ある一定の条件を満たすと魔法のような川に生まれ変わるんです。

 

【旧記事】フィリピンの秘境がここにも!奇跡のような魔法の川「エンチャンテッド・リバー」

ある条件を満たすと地下洞窟が現れます! Photo by 2il org via Wikimedia Commons CC BY 2.0

 

おおよそ午前11時前後(季節によって多少前後します)、太陽の光が高く南中に差し掛かり、水面に降り注ぎはじめる頃、地下洞窟が現れます。

まさに魔法が解かれたような、あるいは魔法にかかったような不思議な光景。こんなにもくっきりと現れるんです! 圧倒的なクリアウォーターで息を呑みます。

エンチャンテッド・リバーは、海から注がれるヒナトゥアン川の支流に当たりますが、本来の水源は洞窟の湧き水と言われています。それがこの透明度の理由の一つでもありますが、もう一つの理由は川の深さにあります。

現在の調査では最深度は82mとなっていますが、地下洞窟が複雑なためそれ以上の探査が進まず、実際の深さはそれ以上とも言われています。この深さゆえに、光が地下深くまで差し込むと、見たこともないような水のファンタジーが発現するんですね。

 

泳げない人も安心!ライフジャケットレンタル可

【旧記事】フィリピンの秘境がここにも!奇跡のような魔法の川「エンチャンテッド・リバー」

地下洞窟の上で川水浴!レンタルギアも揃ってます

 

泳ぎは苦手、でもせっかくだから泳いでみたい!という方には、レンタルギアもご用意。20ペソでライフジャケットが借りられるほか、ゴーグルは50ペソでレンタルされています。なお、外国人の場合、レンタルの際にはパスポートを要求されるため忘れないようにしましょう。

これは余談ですが、フィリピンの女性はビキニなどの、いわゆる“水着”を着て泳ぎません。男性も含めて、基本的には、着の身着のまま、Tシャツあるいはタンクトップに短パン、または「ラッシュガード」という長袖水着で泳ぎます。

これはおそらく、露出を控えめにする宗教上の理由あるいは単に日焼けが苦手(フィリピンの女性は白い肌が憧れ)などが考えられます。このため、女性がビキニを着て泳ぐとかなり目立ってしまうのでご注意ください。

 

魚の餌付けショーも目玉の一つ

【旧記事】フィリピンの秘境がここにも!奇跡のような魔法の川「エンチャンテッド・リバー」

魚の餌付けショーも見どころの一つ

 

川にはたくさんの魚が群れで泳いでいます。あまりの水の透明度に、魚たちがまるで空を泳いでいるようです。

そして、この魚たちへの餌付けショーも目玉の一つ。毎日12時と16時の1日2回、ショーが開催されています。餌に群がる迫力の魚たちをお楽しみください。

 

エンチャンテッド・リバーへの行き方

【旧記事】フィリピンの秘境がここにも!奇跡のような魔法の川「エンチャンテッド・リバー」

エンチャンテッド・リバーへの行き方

 

エンチャンテッド・リバーの拠点は、ミンダナオ島北東部の南スリガオ州ヒナトゥアン村になります。

まず、ヒナトゥアン村までは、マニラあるいはセブから地方都市ブトゥアン、もしくはフィリピン第3の都市ダバオに移動します。さらに乗り合いバスで、ブトゥアンからは約3時間、ダバオからは約4~5時間程度かかります。

ヒナトゥアン村に比較的近い都市としてタンタグがありますが、セブから月水金の週3回、1日1便しかフライトが出ていないため、スケジュールに余裕のない人にはお勧めできません。

次にヒナトゥアン村からは、一般的にはバイクタクシーや車で向かいます。路線バス等の公共機関はないのでご注意を。入口付近には、バイクタクシーが客待ちでたむろっていることが多いので、帰りの手段は心配いりません。(乗ってきたバイクに待ってもらうことも可能)

エンチャンテッド・リバーへの入場料は30ペソ(2016年1月現在)。

 

エンチャンテッド・リバーに関する基本情報

  • 住所:Enchanted River, Barangay Talisay, Hinatuan, Surigao del Sur, Mindanao
  • アクセス:セブあるいはマニラからは飛行機あるいはフェリー等でミンダナオ島のダバオ・シティ(Davao City)あるいはスリガオ・シティ(Surigao City)、ブゥトアン(Butuan)へアクセス。ダバオ・シティあるいはスリガオ・シティ、ブトゥアンなどからはビズリグ(Bislig)方面へバスあるいはミニバンで約4~5時間移動後、ビズリグからヒナトゥアンまではバイクタクシー等で移動、所要約30分。ヒナトゥアンの町の中心からはさらにバイクタクシー等で約30分
<エンチャンテッド・リバーの所在地>

 

2017年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

 

関連旅行記はこちら

 

更新記事はこちら

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事