<記事作成 2022/06/28>

十勝川上流で凍った氷が太平洋に押し流され、波にもまれて大津海岸に打ち上げられたものが「ジュエリーアイス」

磨き抜かれた透明度の高い天然氷は、太陽の光を取り込むとまさに輝きを放つ宝石のよう

そんな豊頃町の観光資源となった「ジュエリーアイス」をまとめてみました

1豊頃町大津海岸の基本情報 General Information

 〒089-5461 北海道中川郡豊頃町大津元町 大津海岸
 015-578-7202(豊頃町商工観光課)
 24時間
 TOILETあり(ジュエリーハウス休憩所)
 あり(全4ヶ所、計100台ぐらい)
 なし
 帯広市内から車で約1時間(約52km)、釧路市内から約1時間半(約86km)、札幌市内から約3時間50分(約260km)

 

<無料駐車場やジュエリーハウス(休憩所)の場所>

豊頃町内には無料駐車場を計4ヶ所設置
シーズン中、一番近い駐車場は午前の早い時間(夜明け前後)で結構埋まります

 画像をクリックすると拡大します

豊頃町ジュエリーアイスマップ Jewelry Ice in Toyokoro cho town, Hokkaido MAP

引用:豊頃町ジュエリーアイス公式HP「アクセス

ジュエリーアイス無料駐車場 Free Parking Lot in Toyokoro-cho town, Hokkaido

大津海岸入口近くの無料駐車場は早朝には埋まる

 

2ジュエリーアイスとは About Jewelry Ice

ジュエリーアイス Jewelry Ice in Toyokoro-cho town, Hokkaido

夜明け直後のジュエリーアイス

<ジュエリーアイスの概要>
  • ジュエリーアイスの発生場所:豊頃町大津海岸、十勝川河口部付近
  • ジュエリーアイスのシーズン:1月中旬~2月下旬
  • ジュエリーアイスの漂着具合:十勝川上流の結氷状況と海の時化具合による ※日によって打ち上げ状況がバラバラ
  • ジュエリーアイス撮影のベストタイム:夜明け頃(6時半前後)※写真の好みにもよる
  • ジュエリーアイス期の平均最低気温:-15℃(海岸は海風強めなので早朝は体感-25~35℃にも)
大津海岸・十勝川河口部付近 At the mouth of the Tokachi River

大津海岸・十勝川河口付近のジュエリーアイスの状況

<ジュエリーアイスの経緯・トリビア>
  • ジュエリーアイス発生要因:厳冬期、十勝川上流が結氷すると、海面水位の上昇、潮の満ち引きなどによって氷が割れ河口へ流出、その間波にもまれて角が取れ、丸みを帯びて表面が磨かれるため
  • ジュエリーアイスが透明クリスタルの理由:不純物の少ない十勝川の淡水が時間をかけてゆっくり凍るため
  • ジュエリーアイスの名付け親:豊頃町出身の写真家・浦島久氏(2012年に発表)
  • 爆発的人気を生んだきっかけ:2016年にYahoo!ニュースTOPに掲載されたため

 

3ジュエリーアイスのビュースポット Jewelry Ice view spots

 

ジュエリーアイス鑑賞マップ Jewelry Ice Location Map

Image by Google Map

 

  • 大津海岸入口から十勝川河口部までおよそ1km ※単純往復なら40分程度、撮影含めると1~1時間半
  • 大津海岸入口に近いほど、ジュエリーアイスの数は少なく、小粒が多め
  • 十勝川河口付近へ行くほど、ジュエリーアイスの数は増え、粒も大きい
  • 十勝川河口付近は、流氷レベルの大きな氷塊や蓮氷の山もあったりする ※気候条件やタイミング次第
  • 万が一、大津海岸で見られない場合は、対岸の「トイトッキ浜」に打ち上げられていることが多い

 

4ジュエリーアイス撮影ポイント TIPS for Jewelry Ice

ジュエリーアイス Jewelry Ice in Toyokoro-cho town, Hokkaido

砂で汚れた氷は洗い流すのがコツ

  • なるべく透明度の高い氷を選ぶ
     ┗ 運が良いと「彩氷(七色のプリズムを放つ氷)」撮影できるかも
  • 砂で汚れていたら水などで洗う
     ┗ 水を入れたペットボトルを持参すると便利(波で洗うのは危険)
  • 個性的な形の氷を組み合わせる
     ┗ 単体でもきれいなものもあるので、個人の好みかも
  • 太陽に向けて、光が差し込むように撮影
     ┗ より氷がキラキラします
  • 冬の風物詩・早朝の「けあらし(気嵐)」は狙い目
     ┗ より写真が幻想的に仕上がります

 

<おまけ:運が良ければ出会える野生動物たち>
  • オジロワシ
  • オオワシ
  • アザラシ
  • タンチョウ
  • オオハクチョウ
  • キタキツネ
  • エゾリス など

 

5防寒対策 Against Cold

豊頃町最低気温

この日の夜明け前後の気温マイナス14.8℃。あたたかい方

十勝平野の早朝、特に海岸は、想像をはるかに超えて冷え込みます

肌の露出を極力少なくし、カメラ等の電子機器類は特にバッテリー部分を保護する必要があります

 防寒対策 Measures against cold

  • 体保温対策:極暖ヒートテック+極暖タイツ+タートルネックセーター+裏起毛の厚手ズボン+腹と背中にホッカイロ+スキーウェア並の上着(ダウンなど)
  • 底冷え対策:冬用長靴・厚底ブーツ+保温性高いソックス+靴用カイロ(靴底用+足の甲用の挟み貼り)
  • 手指凍傷対策:耐寒性×スマホ操作可能な厚手手袋+小さめカイロ(手の甲などに)
  • 隙間対策:耳あて+ネックウォーマー+ニット帽+マスクなど

やり過ぎかと思うレベルまで徹底的に防寒した方が身のため

特に、スマホを操作できる手袋にしないと、撮影のたびに外す羽目になるので本気で指が死にます

 

 カメラ防寒対策 Measures against cold for Camera

  • 予備バッテリー2~3個
     ┗ 氷点下15℃を下回る場所では恐ろしいほどバッテリーの減りが速い
  • (一眼レフの場合)レンズヒーター+モバイルバッテリー
     ┗ レンズの結露を防ぐため、あると便利
  • (一眼レフの場合)桐灰カイロ「マグマ」直貼り
     ┗ 普通のカイロでは効かない。マグマカイロは、バッテリー口に直張りで思った以上に効果ありました
  • (一眼レフの場合)三脚+レリーズ+手袋
     ┗ 海風が強めなのでしっかりした三脚あると便利。よりシャープに撮るならレリーズの方がキレイ。また金属は冷えやすいので三脚持ち運ぶとき手袋必須

 

 あると便利グッズ Useful Items

  • ペットボトルに入れた水(500ml~1L程度)
     ┗ ジュエリーアイスが砂で汚れている場合に洗い流せる
  • ビニールシート(ビニール袋でも可)
     ┗ 凍った砂浜、雪原上に荷物を置いておける

 

 おすすめ防寒アイテム Recommended Items against cold

実際使って良かったものと、それに近いものをご紹介します

【マグマカイロ】

爆速で暖かくなり、厳寒地では高温ぐらいが丁度よい
【ソックス】

ウェットスーツ素材は保温性・防水性に優れ、底冷えしにくい
【レンズヒーター】

取り外ししやすく、ある程度幅のあるレンズヒーターの方がいい
【冬用手袋】

スマホ操作できて、かつ裏起毛で保温性高い厚手手袋がいい

 

6休憩所「ジュエリーハウス」とは About Jewelry Ice visitor center

休憩所「ジュエリーハウス」

休憩所「ジュエリーハウス」は2022年1~2月は閉鎖。トイレは24時間使用可

2021年2月に完成したばかりの休憩所「ジュエリーハウス」

もとはプレハブ小屋みたいな仮設休憩所でしたが、観光客の急増に応えるべく新設されたそうです
ただし、コロナ禍による閉鎖で、完成以来、ほとんど使用されていない気の毒な状況…

  • 営業期間 1月中旬~3月上旬
  • 営業時間 7:00~15:00
  • 男女トイレ・多機能トイレ 24時間OPEN
  • 館内内容 休憩所、ジュエリーアイスや豊頃町の情報発信、特産品、軽食販売

※なお、ジュエリーハウス以外の公衆トイレやコンビニ・商店等は大津海岸周辺にはありません
※最短最寄りのセイコーマート豊頃役場前店までは約20km、車で20分かかります

 

7お役立ちサイト Useful Websites

 

<豊頃町ジュエリーアイス関連>

 

<豊頃町ジュエリーアイス・ツアー関連>

 

8関連記事 Related Articles

 

以上、ご参考になれば幸いです

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事