Compathy Magazine

(公開日2016/12/09)

【Compathy Magazine】雄大な自然の景勝地に潜入!世界最長の塩の洞窟がイランにあった

雄大な自然の景勝地に潜入!世界最長の塩の洞窟がイランにあった

 

イランというと「危険な国」というイメージが強いかもしれませんが、実は首都テヘランを含めて主要観光都市は「十分注意」の危険度レベル。また、イランの観光といえば、頭に浮かぶのはきっと壮麗なモスク建築ですよね。

しかし実はイランには、想像を遥かに超えたスケールの大自然が存在します。今回はそんな中から、ペルシャ湾に浮かぶゲシュム島の絶景・世界最長の塩の洞窟ナマクダンをご紹介します。

 

 

世界最長の塩の洞窟ナマクダン・ケイブとは

【Compathy Magazine】雄大な自然の景勝地に潜入!世界最長の塩の洞窟がイランにあった!

観光地化されていない、むき出しの塩の洞窟

 

イラン南東部、ペルシア湾に浮かぶゲシュム島(Qeshm island)。
この小さな島には、全長約6,580mにも及ぶ世界最長の塩の洞窟「ナマクダン・ケイブ」が存在します。

2006年、チェコの探検隊によって発見調査され、それまでの世界記録全長5,500m(イスラエルのソドム・ケイブ)を塗り替え、世界第一位に名乗りをあげました。

【Compathy Magazine】雄大な自然の景勝地に潜入!世界最長の塩の洞窟がイランにあった!

真っ暗闇の中、小さなヘッドライトだけが頼り

 

ただし、観光客が見学できるのは入口からわずか100m程度。

そこから先は天井が低く、塩の川も流れていて危険です。さらに、観光地化が進んでいないため、照明や案内板もなく、真っ暗闇の中、ヘッドライトは必携です。

 

世界ジオパークに登録されていたゲシュム島

【Compathy Magazine】雄大な自然の景勝地に潜入!世界最長の塩の洞窟がイランにあった!

かつて世界ジオパークに認定されていたゲシュム島

 

「世界ジオパーク」とは、美しい自然景観や学術的価値を持つ自然遺産への教育、観光活動を通じて地域の活性化を図ることを目的とした自然公園。

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ UNESCO)が支援する国際非営利組織「世界ジオパークネットワーク協会 (Global Geoparks Network=GGN)」が認定を行っています。

【Compathy Magazine】雄大な自然の景勝地に潜入!世界最長の塩の洞窟がイランにあった!

世界ジオパークに登録されていた当時の名残

 

ゲシュム島は2006年、中東としてはじめて認定されたのですが、その後、必要なインフラの整備が進まなかったことから2012年、リストから除外されてしまいました。

 

ゲシュム島に行くには

【Compathy Magazine】雄大な自然の景勝地に潜入!世界最長の塩の洞窟がイランにあった!

美しい海とビーチを持つゲシュム島 Photo via Wikipedia

 

通常、外国人観光客がイランを訪れる際にはビザが必要ですが、ゲシュム島だけは自由貿易特区に指定されているため、実はビザ無しでの入国が可能です。

また、ドバイからゲシュム島へ1日数便の国際便が就航しており、わずか45分のフライトで海外渡航できるのもウリ。
もちろん、近隣都市のシラーズなどイラン本土からバスや飛行機などでアクセスも可能です。現地は宿が少ないため、事前のホテル予約をおすすめします。

 

おわりに

ゲシュム島には、ナマクダン洞窟のほか、カッパドキアのような奇岩地帯「星の谷(Star Valley)」、ペトラのような「チャークーフ峡谷(Chahkooh Gorge)」、ペルシア湾でのイルカウォッチングやマングローブ群生林など、実は意外にも自然に恵まれた絶景の宝庫の島。

乾燥地帯で、夏場は50度近くになることもあるため、訪問シーズンは秋から春がおすすめです。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事