Compathy Magazine

(公開日2017/10/27 )

【Compathy Magazine】神様のいたずら?砂漠にあらわれた奇跡の花園 ナマクワランド

神様のいたずら?砂漠にあらわれた奇跡の花園 ナマクワランド

 

年に一度、砂漠にあらわれる奇跡の花園、ナマクワランド。

春の間のわずか3週間だけ、荒野を一面埋め尽くすワイルドフラワーの饗宴は息を呑むの絶景です!

神様のいたずらが起こした粋な奇跡を、ぜひあなたもその目で確かめに訪れてみませんか。

 

ナマクワランドとは

【Compathy Magazine】神様のいたずら?砂漠にあらわれた奇跡の花園 ナマクワランド

砂漠一面を埋め尽くすワイルドフラワーの奇跡!Photo by Malcolm Manners via flickr

 

南アフリカ共和国北ケープ州に位置するナマクワランド(Namaqualand)は、44万平方kmにも及ぶ荒涼とした岩砂漠が広がる半砂漠地帯です。

通常は文字通り、無味乾燥な砂漠地帯。それが、南半球の冬にあたる6~7月頃まとまった雨が降ると、それによって地中に眠ったワイルドフラワーの種子が春の訪れとともに一斉に芽吹きはじめます。

それはやがて砂漠を埋め尽くす広大な花園となって、地元ではこれを「奇跡の花園」「神々の庭園」として称えています。

見頃は8月中旬から9月上旬のわずか3週間程度。それを過ぎると花々は枯れて土に還り、再び不毛の大地に還っていきます。その一瞬を見逃すまいと、この時期は世界中から観光客が訪れています。

 

3,000種類を超えるワイルドフラワーの饗宴

【Compathy Magazine】神様のいたずら?砂漠にあらわれた奇跡の花園 ナマクワランド

3000種類ものワイルドフラワーの饗宴!

 

固有種ナマクワデイジーをはじめとする3,000種を超える色とりどりのワイルドフラワーは、オレンジ、ピンク、白、青、紫、黄色など、まるで色彩パレットのように一面を埋め尽くし、その光景はまさに「神々の庭園」そのもの。

お花好きな方は、手元に花図鑑を用意することをおすすめします!

 

野生動物にバッタリ遭遇!サファリ感覚も魅力の一つ

【Compathy Magazine】神様のいたずら?砂漠にあらわれた奇跡の花園 ナマクワランド

エランドの群れに遭遇!

 

南アフリカ共和国に広がるサバンナにはたくさんの野生動物が生息するため、バッタリ遭遇なんてこともしばしば。

この地域でよく見かけるのは大きい動物でオリックスやシマウマ、エランド、ラクダ、キリン、ダチョウ、ロバなど……。ちょっとしたアフリカンサファリも楽しめちゃいます。

 

ワイルドフラワーだけじゃない!見どころ満載のナマクワランド

【Compathy Magazine】神様のいたずら?砂漠にあらわれた奇跡の花園 ナマクワランド

果てしない大地が続くクネルシュフラクタ自然保護区

 

ナマクワランドの周辺には、峡谷を流れ落ちる巨大滝やアロエの一種「クイバー」による異世界感漂う風景、地球の果てを感じさせるクネルシュフラクタ(Knersvlakte)自然保護区など、見どころ満載です。

注意すべき点は、オフロードが多いため、普通乗用車では走行が大変危険なこと。もし、個人でレンタカーで回る場合は、四駆のレンタルをおすすめします。

 

おわりに

年に一度、砂漠に現れる奇跡の花園・ナマクワランド。

ちなみに、ワイルドフラワーの芽吹きの良さは冬の降水量が鍵。雨の少ない年に当たると花園のボリュームがイマイチ……なんてことも(まさに筆者が訪れた2017年がそう)。

また、鑑賞条件として、春は日中の気温が18度以上、よく晴れた日の午前11時頃から午後15時頃までとなっています。それ以外の天候条件では花が開かないのです。

“奇跡”ゆえになかなか人間の思惑通りにはいかない神秘の花園。それでも死ぬまでに一度は見たい、この神秘でミラクルな絶景を、ぜひあなたもその目で目撃しに訪れてみませんか。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事